おちんちん(男性器、巨根・でかちん)大好き&ペニス増大ブログ

おちんちんが大好きなarutoと言います!(注;ゲイではない)仕事はレントゲン技師。おちんちんが好きな人やおちんちんを大きくしたい人のための憩いの場です!男女かかわらず気軽に来ていただける場所にしたいと思っています!おちんちんが嫌いな人も少しでもおちんちんについて知っていただけたら幸いです。

おちんちん(男性器)とは?(歴史編)

 今回は、おちんちんの歴史についてお話したいと思います!

ちょっと難しいですが、これを読めば男性器という存在の大きさが分かり、おちんちんに対する見方が変わってくると思います。(僕は歴史が苦手ですw)

人類のおちんちんの誕生
  20万年前に、現在の人類であるホモ・サピエンス=現生人類が出現しました。
 その後、人類は様々な文明を築いていく過程で、おちんちんに対する考え方も文化と 
 なっていきます。
  
 ここで重要な意味を持つ言葉が2つあります。覚えておきましょう!w
  • ファルス (phallus)
     ファルスとは、勃起した陰茎、あるいは陰茎のような形をしたオブジェを指す言葉。
  • 生殖器崇拝(せいしょくきすうはい) 
      ヒトの男女の生殖器をかたどった象徴的造形物に、多産、豊穣などをもたらす呪術的な力をみとめ、それに対する信仰、崇拝。性器崇拝とも呼ばれる。 
                             Wikipediaより引用)
 
紀元前2600年前のインダス文明

 ヒンドゥー 教における神であるシヴァの崇拝に象徴的目印「リンガ」が使われた。

 リンガ(liṅga)は、一般に男性性器(男根)を指す言語で、本来は「シンボル」の意味を持つ。

 特にインドでは男性器をかたどった彫像は、シヴァ神や、シヴァ神の持つエネルギーの象徴と考えられ人々に崇拝されている。

 豊穣多産のシンボルとしてのリンガの崇拝が記録されている。

 通常、リンガの下にはヨーニ(女陰)が現され、人々はこの2つを祀り、白いミルクで2つの性器を清め、シヴァの精液とパールヴァティーの愛液として崇める習慣がある。(Wikipediaより抜引用)

 f:id:bigochinchin:20170624093453p:plain

     シヴァ神             リンガとヨーニ

 

紀元前2000年頃のマヤ文明

  この頃のマヤ文明の遺跡からは、たくましく勃起した巨大ペニスを持つ祭祀や神々   の像が多数の寺院に飾られているのが発見されています。

        

 

紀元前1200年ごろのエジプト文明

  エジプト文明に関してはピラミッドで有名ですよね。

 古代エジプト神話ではファルス(おちんちん)崇拝をオシリスと関連づけました

 神話の中では、神オシリスは弟に殺され切り刻まれます。妻のイシスは夫の体の断片を集めて一つに組み立てますが、ペニスだけが見つかりません。そのため、粘土で人工ペニスを作らせて彼につけます。しかし、人工ペニスには精気がないので、活力をよみがえさせるためにフェラチオをおこないました。その新しいペニスに聖なる魔法のフェラチオで命を宿らせて愛を交わしたといわれています。     

             (http://crusherfactory.net/~pmoon/mt/2010_05.htmlより引用

        20100528.jpg
       新王国時代(紀元前1570~1070年頃)のパピルス絵     

  確かに、イシスがオシリスのおちんちんを咥えてますね!

まさか、フェラチオが神を生き返らせるためにされたこととは思いませんでした!もっとも、昇天してしまうくらい気持ちいいわけではありますがw

 

 また、ミン(Min)も、エジプト神話の神です。豊穣の神であり、ファルス(陰茎)を勃起した姿で描かれる。手には殻竿を持ち、頭には羽飾りを二つつける。新鮮なレタスを切ったときに出てくる乳白色の液が精液を連想させる事から、精力 増進をもたらすとされるレタスが供物として描かれる事が多い。

 後に狩猟民や商人、鉱山における労働者の守り神となった。

Wikipediaより引用)

         

               エジプト神話の神ミン


  この頃には、王族やファラオの一部がペニスに重りを付けて長さの増大を行っていたという記録がのこっています。
  一方アフリカでも粘土で作った重りをペニスにぶら下げてペニスの長さの増大を行う多数の部族で広まり、一部の部族では今日までその風趣が受け継がれています。                  

      

       http://mrbigshop.jp/user_data/sizeup_history.phpより引用)

紀元前440年頃 古代ギリシア  

 伝統的なギリシア神話において、境界と交易の神(一般には伝令の神)ヘルメースは、ファルスを摸したヘルマと呼ばれる柱との関係から、ファルス的な神と見なされている。

             
     雄弁の神(ロギオス)としてのヘルメース像
 
 ヘルマは、石もしくは青銅(ブロンズ)でできた正方形あるいは長方形の柱。柱の上にはヘルメースの胸像が乗っており、通常あご髭を生やし、さらに柱の部分には男性の生殖器がついている。古代ギリシアの神ヘルメースの名はこのヘルマに由来するという説があり、一説には、ヘルメース神は商人および旅行者の守護者としての役割を担う前は、生殖力・運・街道と境界と関連した、ファルス(男根)の神であった。
                    (Wikipediaより引用)
        
     デモステネスのヘルマ     さまざまな種類のヘルマ    
 
  東ヨーロッパ諸国で発見された洞窟壁画には、大きなペニスを持つ王や貴族達が町 
 を支配している様子が描かれています。 
 
 プリアーポスPriāpos)とは、ギリシア神話における羊飼い、庭園および果樹園の守護神で生殖と豊穣を司る、男性の生殖力の神である。葡萄園や庭園の守り神として信仰され、豊かな実りを嫉妬する者からの邪視を防と考えられた。また、羊飼いの守護神ともなった。この神の神像はしばしば陰茎そのものの形であらわされることがある。(Wikipediaより引用)
       
                                                          プリアーポス
 
    おちんちんが誇張されて描かれていますね!
    持続勃起症 (Priapism) は「プリアーポス」から派生した言葉であるそうです。 
  
  下の写真は「ティンティナブラム」と言われる古代ローマから伝わる魔除けです!
 テルマエ・ロマエの作中で出てきたことでも有名ですよね!
           
    f:id:bigochinchin:20170624103249p:plainf:id:bigochinchin:20170625163253j:plain
                              古代ローマの魔除け「ティンティナブラム」
   
  か、カッコイイ。。。おちんちんからおちんちんが生えてる!
  レッドブル飲んだら俺のおちんちんにも翼生えるかな?w
 

日本では

 日本の一部の神社では主に五穀豊穣・子宝の神として、陰茎(ペニス)を御神体としているところがある。また、陰茎を模った神輿などが繰り出される祭事も各地に存在していて、路傍でも道祖神が拝まれる。

 神体(しんたい)とは神道で神が宿るとされる物体で、礼拝の対象となる。子宝・子作り信仰の強い土地では、子孫繁栄の象徴としての男根が神体でもある。

 特に有名なのが、愛知県小牧市にある田縣神社(たがたじんじゃ)で、毎年3月15 日に行われる「豊年祭」では木でできた巨大な陰茎「大男茎型(おおおわせがた)」を神輿に乗せて練り歩き、当日は外国人も含め多くの観客が訪れる。(Wikipediaより引用)

 

f:id:bigochinchin:20170629200519j:plainばなちん

    (http://d.hatena.ne.jp/tomichans/20110305/1299334399より引用 

  ばなちん美味しそう♪

 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取の「どんつく神社」には、木製の巨大な陰茎を載せた神輿が鎮座している。この神社の名前自体が、陰茎で「どん」と「突く(つく)」ということに由来するものである。毎年6月第1火 - 水曜日の2日間にかけて「どんつく祭」が開催され、前述の神輿が温泉街を練り歩く。(Wikipediaより引用

f:id:bigochinchin:20170629200510j:plain

         http://blog.inatorionsen.com/より引用)

 神奈川県川崎市金山神社では、毎年4月の第1日曜日に「かなまら祭」が開催されている。飯盛女たちが商売繁盛や性病避けの願掛けを行った江戸時代の「地べた祭」が元であるが、この祭自体は明治時代に入ってから寂れてしまったものの、1970年代になって「かなまら祭」として再興されたものである。陰茎を模った3つの神輿が巡行し、毎年数多くの観光客が訪れている。(Wikipediaより引用)            

     f:id:bigochinchin:20170629201455j:plainf:id:bigochinchin:20170629200521j:plain

  かなまら舟神輿     エリザベス神輿(img.blog.hnsm.lolitapunk.jpより引用) 

 

 他にも男根信仰で有名な神社は多数あります。僕も1mくらいのおちんちん像見たことがあります! かっこよかったです!

 
 このように、古代からおちんちんは神として捉えられており、守り神や子孫繁栄などの神として崇められているんですね!んーやっぱりおちんちんはすごいです!
 昔から、おちんちんは不快な一物とは真逆で、崇拝される存在であることが分かりますね!
 そんな神的存在のものが自分の体にも付いていると思うと恐れ多くなっちゃいますね。像のように大きなものではないので、まだまだですが。
 人類とおちんちんは切っても切り離せない関係です!おちんちんが嫌いだった人もこれを読んで少しは捉え方が変わってくるのであれば嬉しいです。
 
 立派なおちんちんの資料を載せた後に見ていただくのは大変恐縮ですが、
またまた僕のおちんちんを載せて終わりとしたいと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました!

      

f:id:bigochinchin:20170626205146j:plain

   (画像の缶は500mlです)

 次回は、お待ちかね?の僕なりのおちんちん増大法について紹介したいと思います!

頭皮のニオイを抑えるスカルプシャンプー・コンディショナー「柿のさち」

おちんちん(男性器)とは?(解剖学編)

  おちんちんについて詳しくない方のためにおちんちんについて説明します!

男性器とは?

男性器(だんせいき)とは、体外と骨盤周辺に位置する男性生殖器官の総称である。男性器で作られた精子は女性の卵子受精すると受精卵(接合子)を形成し、細胞分裂を繰り返して胎児へと成長する。男性器に含まれる諸器官のうち、陰茎陰嚢は体外に露出している。陰茎には排尿射精の機能があり、勃起した陰茎に刺激を与えることで精子を含んだ精液が体外に射出される。(Wikipediaより抜粋)

Male reproductive system lateral nolabel.png

男性生殖器解剖図 1.膀胱 2.恥骨 3.陰茎 4.陰茎海綿体 5.亀頭 6.包皮 7.尿道口 8.S状結腸 9.直腸 10.精嚢 11.射精管 12.前立腺 13.尿道球腺 14.肛門 15.精管 16.精巣上体 17.精巣 18.陰嚢

 

射精とは?

射精(しゃせい)とは、オス生殖器(ペニス)から精子を含む精液を放出することである。

f:id:bigochinchin:20170708072753p:plain

f:id:bigochinchin:20170708072744j:plain

ヒトのマスターベーション(オナニー)による射精の様子。

液量は平均3.5ml、0.2 - 6.6mlが普通であるが、長期間禁欲していた場合や性的刺激が大きかった場合などは13mlに及ぶ場合もある。

Wikipediaより抜粋)

 

陰茎(ペニス)のサイズ

出生時のペニスの引き伸ばした時の平均の長さ(≒勃起時の長さ)は約4cmであり、90%は2.4cmから5.5cmの間である。ペニスは5歳くらいまでは少しずつ成長するが、それ以降は思春期まで殆ど成長しない。思春期開始時の(引き伸ばした時の)平均の長さは6cmほどであり、5年ぐらいで大人のサイズに成長する。W.A.Schonfeldは1943年にペニスの成長曲線を発表した。

Growth of penile length and testicular volume ja.svg

学術的、科学的な研究

  • 1996年9月の「泌尿器科学会報」に発表された研究は平均の勃起時の長さを12.9cm(5.0インチ)としている。(研究者による測定)
  • 2000年12月の「インポテンツの研究に関する国際会報」での研究は平均の勃起時の長さを13.6cm(5.35インチ)としている。(Wikipediaより抜粋)
  • 世界最長の男性性器
    ロベルト・エスキバル・カブレラ2015年9月当時52歳、メキシ   
   コ・コアウイラ州
    平常時 48.2㎝、勃起時 55㎝ (世界最長の男としてギネスに認定)
no title

    でかっwwww。。。

 

 おちんちんは生殖器としてだけではなく、男のシンボルでもあります。

僕も同じですが、ペニスが小さいのを女の子を満足させられないと勘違いしている人も多いんですよね。医学的にはペニスは8cmあれば性行為としては成り立つといわれています。大きすぎると痛いという女性も多くいますよね!

 ただ、巨根が好きな女性がいないわけではないです!気持ちいいっていう女性も多いですよね!

 女性器の奥にはポルチオという部分があって、巨根じゃないと届かないんですよね。

また、太さがないと入っている感じがしないという女性もいますよね。

f:id:bigochinchin:20170618223102g:plain

 

f:id:bigochinchin:20170618223236j:plain

f:id:bigochinchin:20170618223436j:plain

「ポルチオ」とは何か? - 女性にとって最高の快感があると言われるポルチオの性感帯開発について解説|心と身体の満足するセックスのススメ 引用

 あと、おっきいおちんちんってメチャかっこよくないですか?!

 でかいペニスは猛々しくて、男らしくて、素敵ですよね!(管理人はゲイではないです)それに、形がメチャ特徴的だと思います!エロいですよね。

      f:id:bigochinchin:20170708074115j:plain

           (巨根半島 ≫ 日記 巨根より引用)

 一番大事なことですが、僕はおちんちんとしての役割は女性を気持ちよくさせてあげることに尽きると考えています!そもそも気持ちよくないと性行為もしないし、子孫も繁栄しないですよね!女性をいたわりながら気持ちよくなってもらい、自分も気持ちよくさせてもらっているという気持ちでsexをしていきたいですね!

 

f:id:bigochinchin:20170626205209j:plain

 

これも僕のおちんちんです!w

次回は、おちんちんの歴史について説明しますよ!

おちんちんについて

おちんちん。。。それは男性のシンボルです。医学的には男性器とも言いますね!

僕は昔消極的な性格やアトピーのため高校から友達がおらず、女性と話すなんてもってのほかでした。

また、おちんちんが包茎&短小で悩んでいました。

「こんな面白くもイケメンでもない僕と付き合ってくれる女性なんているわけない。一生独り身で死んでいくんだ。」と思っていました。

 

そんな自分を変えようと思い立ったのが、男のシンボルである男性器の増大でした。

すると少しづつ自分に自信が持てるようになり、立て続けに3人の彼女ができました。

今は3人目の彼女と仲良くやっています!

 

おちんちんを見られるのが好きになり、色んな人に見せていると、おちんちんが好きな女性も沢山いるのだと気づかされました。

おちんちんは卑猥なものと思われがちですが、子供を作りには必ず必要で、コミュニケーションツールの一つにもなると僕は思っています。下ネタも一つのコミュニケーションですよねw

 

そんな僕のおちんちんに対する思いやおちんちんが好きな男女の憩いの場にしていきたいと思い、この「おちんちん大好き&増大ブログ」を開設しました。

おちんちんに関する話題や好きな人との交流、おちんちんが小さくて悩んでいる人のための僕なりの増大に関する知識や経験をお伝えできればと思っています。

 

ゆっくりしていってくださいね♪

 

f:id:bigochinchin:20170626205223j:plain